生理前の異常な眠気の原因は?!

生理前になると異常なほど眠くなるという睡魔がありますよね。
これまたPMS症状の一つ「月経関連過眠症(月経前過眠症)」です。
ほとんどの女性が感じているというこの生理前の
異常な眠気について、効率的な対処法はありません。
ピルの服用などは当然対処法としてありますが、
副作用などもありますのであまりお勧めしません。

なぜなら人間は体温が下がると眠たくなる(寝ている間は低体温)
ものなのですが、高温期はずっと体温が高いままですよね。
つまりPMSの間はずっと体が「さあ!活動しましょう!!」
と言っているような状態なのです。
そうなればその限界がきて眠たくなるというは自然な
原理なのです。無理にこの睡魔を止めるということは
体の働きに逆らうということになってしまいます・・・。

PMSの時期に、プロゲストロンの分泌が増えれば
体内で様々な働きが起きます。
これは生理含めた女性ホルモンの働きの流れですね。

実は貧血気味の人には強く現れるという説もあり
これは子宮周辺での細胞活動が活発になるため
体内の血液が腹部に集結することで、他の組織に
十分な栄養素が行き渡らないことから生命活動を
休ませようとしているとも言われています。

生理の出血とはすなわち血の消耗でもあります。
体の負担がないわけがありません。
その睡魔が体を休ませようとしているサインと考え
この時期は無理をせずなるべく眠ることが大事です。

体質改善としてこれらの現象を緩和するために
漢方薬を始めてみるのも一つの考え方かもしれません。
体質によって効果のある漢方薬も違いますので
漢方薬局で相談してみるのもアリですね。

それからこの時期については仕事のスケジューリング
を余裕をもっておこなえるとベターですよね。
毎月同じ時期に起きる症状ですので、事前に
対処方法などを考えるのも社会人としては大切な
ことと言えます。

睡魔を押させるツボなどもありますので併せて
トライされてみてはいかがでしょうか?

でもいずれにしてもその時期はなるべく予定を入れず、
眠る眠る眠る・・・・これに限りますね!(笑)

Comments are closed.